5t以上中型トラックの仕事内容

色々な荷物を指定された場所まで運搬

5t以上の中型トラックを運転するためには中型免許が必要です。中型免許の取得条件としては、20歳以上で普通免許取得後2年以上経過しなければなりません。ただし、2007年6月1日までに普通免許を取得していれば8t未満の中型車の運転は可能です。ところで、ドライバー関連の求人情報をチェックしていると、中型ドライバーを募集していることが良くあります。4tトラックの募集が多いですが、中には8tトラックドライバーの募集も見かけます。どのような荷物を運ぶかは会社によって異なります。青果などの食品を運ぶこともあれば、機械の部品や家具などを運ぶこともあります。5t以上の中型トラックは容量が比較的大きいため、色々なジャンルの荷物を運ぶことが主な業務となります。

現場での荷下ろし作業も大切

中型ドライバーの仕事というのは、ただ単に預かった荷物を指定された場所に運べば良いというわけではありません。現場についたら荷下ろし作業も担当することが多いです。軽い荷物であれば手で運ぶこともできますが、数が多かったり重かったりすればフォークリフトを使って運ばなければなりません。もしフォークリフトを運転するならば、フォークリフト免許が必要です。求人広告には必要とされる資格が掲載されているので、応募する前に必ずチェックしなければなりません。荷下ろしは指定された時間に行う必要があるため、現場に予定よりも早く着いたら時間になるまで近くで待機する必要があります。特に遠方まで荷物を運ぶことがあれば、かなりの所要時間が必要です。その分、到着時間のずれは大きくなることは知っておくと良いです。