トラックドライバーで使えるフォークリフト免許

荷物の積み下ろしに役立つ

トラックドライバーには、荷物を目的地に運ぶ以外でも重要な仕事があります。それは、荷物の積み下ろしです。トラックに荷物を積んだり下ろしたりする作業は、トラックドライバーに必須といっても過言ではありません。荷物の積み下ろし作業では、人力でおこなうことは少なく、フォークリフトを使うことがほとんどです。トラックドライバー自身がフォークリフトを扱うこともあり、フォークリフトの免許を取得しておくと便利です。運送会社によっては、就職後にフォークリフトの免許を取得させる場合もあるようです。会社の負担で免許を取得させてくれることもあります。トラックドライバーに、フォークリフトの免許が絶対に必要というわけではありませんが、取得しておくと仕事の幅が広がります。

フォークリフトの免許はいつ取った方が良い?

トラックドライバーにとって補助資格ともいえるフォークリフトの免許は、いつ取得したら良いのかと疑問に感じたことはありませんか?内定後でも取得することはできますが、就職で他の求職者に差をつけるためには、求人に応募する前に取得することが望ましいと言えます。フォークリフトの免許を持っておけば、すぐにでも働ける即戦力と判断され、資格を持っていない人に比べて採用される可能性が高くなるのです。また、フォークリフトは、倉庫や工場での業務で活躍するため、免許があれば転職するときにも有利になります。免許の難易度は、トラックドライバーに必須である普通・中型・大型などの自動車免許よりも低いです。短期間で取得可能で、費用も少ないという特徴があります。